スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ2013WBC決勝へ

さて、2013年WBCの王者を決める試合が、始まりますね。


日本では、生放送があるか分かりませんが、たぶんないのかな?


日本でないからね。


決勝は、プエルトリコ対ドミニカです。


どちらも強いチームですが、お互い初優勝をかけた戦いとなります。また、アジア以外というか、日本以外の国が、はじめて優勝するチャンスでもあります。


優勝賞金がいくらか知りませんが、メジャーに在籍している選手にとっては、おいしいですね。だって、メジャーの選手会にもそもそも金が入りますからね。


ということで、話は、変わりますが、もちろん日本のあのダブルスチール問題です。


どうやら、あのサインは、100%自信があったようです。それは、橋上コーチが、データで、100%いけると判断していたようです。でもなぜ、監督は、行けたら行けと言うサインだったのか、まったくもって解せません。


あそこは、ダブルスチールがあるのは、予想できましたし、井端になにやら緒方コーチが耳打ちしていたのは、その判断についてだったのでしょうけど。


バッターは、慎之助、この日は、あたりが出ていず、このチャンスを失うかもと判断もあったでしょう。


なので、もし、失敗しても3塁は、アウトになるが、2塁は、セーフだろう。


井端が、自重しなければ、そうのようなケースになっていた可能性が高いです。


結局は、みなさんもご存知のように、井端が、自重して、ファーストランナーの内川が、アウトになってチャンスをつぶしてしまったわけです。


あそこは、ギャンブルをかけて、相手にプレッシャーを与えることができれば、日本は、勝てていたでしょう。それだけに、あのサインが。


監督もデータでは、いけると判断してたようですから、なぜというのが、今後さらにつきまとうことになるでしょう。


それと、もうつ気になったこと、選手によって、覇気が感じられなかったこと。


井端・鳥谷・内川は、特に優勝しようと言う気概を感じることができるプレイをしていたが、その他選手、中田や坂本や稲葉あたり、そこまでの覇気を感じることはできなかった。


なぜ練習でそういったことも観ることができなかったのか、残念でならない。


ただ、出場しただけで、満足している選手も居たんでしょうね。となると、やはり選手選考が、最大の問題だった。


また、選手からは、まとまりがあったチームということが、あったが、どうもこれも気になる言葉だった。


それだったら、もっとチームを勝たせるプレイができたはず、それがなかったとは言わないが、少なすぎた。


まだWBC決勝が終わったわけではないので、総括は早いですが、少しあげるとすると、打撃力の向上が、4年後に向けての鍵になるでしょう。


統一球をもう少し飛ばなくさせて、打力向上のために、技術力をあげるように仕向けると言ったことも必要でしょう。


ホームラン数は、減ることには、なりますが、WBCで優勝するためには必要なこと。


これは、コミッショナーの判断になりますが。


内川 ファンの励ましに感動「正直、また泣いてます」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130319-00000102-spnannex-base

テーマ : WBC - ジャンル : スポーツ

Tag : WBC


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。