スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC侍ジャパンチャンスに凡退が響いた

昨日は1位通過をかけた試合でしたが、なんと韓国に0-1で完封負けです。敗因はチャンスをものにしたかどうかでしたね。


4番の差が出た試合でした。


<WBC>好機に凡退 村田「ちょっと力入った」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000135-mai-base

前回の韓国戦でも村田が同じことをしていますから二度目ですね。結局は点を取れなかったわけですからね。あのチャンスは1点は欲しいところでした、その後も点にならなかったのが。。。


1点をしっかりと取りにいかないとこのような結果となるということを思い知らされた試合となりました。


また相手のミスをつけず点にもなりませんでしたし。


投手陣は思っているよりも対応しているのが、今後の材料としてはいいかと思いますが。それ以上に問題視されるのが、打線ですね。やはりつながりを欠いているということですからね。ここは修正しないといけません。


打順はおもいっきりいじってくるのではないでしょうか。


たぶんバージョン2がでますね。


1点をどのようにして取っていくかという姿勢をチームで共有しないと連覇はできません。


岩村を外して、片岡スタメンの可能性も出てくるでしょう。


なんだかんだとイチロー頼みの打線となっているのでイチローがどの程度打ってくれるのか、いや機能してくれるのかといことが侍ジャパンの連覇を鍵を握っています。


投手陣は、先発はまたダルでしょうかね?


キューバ相手にどこまで持つか。なぜ昨日投げたのか?


たぶん調整もあったのだと思います。それとマウンドに慣れるといったことも。


キューバ戦は、投球数も確か増えると思いますので、6回くらいまで0点で抑えて打線の奮起に期待するという苦しい戦いとなるでしょう。


そのあとの継投がまたどうのようになるのか?


打線、打線ですが。ラッキーボーイの登場がないと一気にといったことは難しいでしょうかね。


あとはメキシコが出てくると思っていましたが、アマチュアオーストラリアから、メジャーが加わって強くなったのか?


別チームのようだったみたいですね。ただまだ進出を決めたわけではないので、そのどちらかが韓国と対戦することになりますが。


他の組の試合結果も気にしながら、チーム力を上げていくしかありません。


テーマ : WBC - ジャンル : スポーツ

Tag : WBC 侍ジャパン イチロー 村田 ダル メキシコ オーストリア 韓国 キューバ


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。